阿蘇世界文化遺産推進室オフィシャルサイト

草原維持Grassland maintenance

危機に瀕している草原(消え行く草原)

年代別に見る草原の範囲

明治から平成初期までの草原景観について

草を食むあか牛

明治・大正期の阿蘇では草原が多くの面積を占めています。
昭和20年代になると草原が目立ち始めます。
昭和末期から平成初期では随分と草原が消えてしまっています。

これからの草原維持活動について

野焼き作業

近年、社会の変化などから、地域住民だけで草原を維持することが難しくなっています。
このような危機的な状況の中、牧野組合を中心とする有志等によって保全活動が行われています。

早春の野焼き風景

さらに環境省も自然再生法に基づき、「阿蘇草原再生協議会」というプロジェクトを始動させています。この協議会は行政や民間、牧野組合などが共通の認識を持って連携を図り、持続的な草原利用と草原環境の保全を目的としています。

このように、草原維持・保全の活動と阿蘇の世界文化遺産登録の推進(文化的景観の保護)は、「草原を守る」という同じ目的を持っています。